会社紹介
 

20kW以上の発電設備では、標識の設置が必ず必要になります

再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)が、2017年4月より新しくなりました。
法改正により、これまで設置された発電設備これから設置する発電設備含め、
実施しなければならないことが増えたのをご存知でしょうか?
太陽光発電設備の管理運用に対する責任が大きくなり、設置者や販売会社、
管理会社は新しい制度の内容を把握し、これに対処していかなくてはなりません。
違反した場合は、改善命令を経て最悪は設備認定(事業認定)取り消しになってしまいます。
このような認定取り消しのリスクを回避する為に、実施事項を明確にし手を打っていきましょう。


FIT法改正により実施しなければならない事

”玄韻寮瀉屐弊瀏容量20kW以上の設備は必須)

※ただし、屋根に設置されている場合、所有者が特定できるため省略が可能です。

外部から見えやすい位置に立ちり禁止の表示を掲げる



事業計画の提出

10kW未満の設備も含む(ただし、設備認定IDがFで始まるものを除く)。

づ切な保守点検およびメンテナンスを実施し発電設備の維持管理を行う



当社では、2017年4月1日より、看板・標識制作で65年の歴史をもつ石山製作所と提携し、
設備に設置する標識および立入禁止看板の販売を行っております。

購入いただいた方には、改正FIT法の解説書をお付けいたします。

FIT法改正により標識を設置するだけではなく、何を実施しなければならないのか?
何を考えていかなければならないのか?を明確にしなければなりません。
またどのような保守・メンテナンスが望ましいかについても解説を加えております。
全8ページの内容になりますので標識設置と併せて参考にしてください。

保守メンテナンスのご相談はテクノケア蠅膨樟椶問い合わせください。
全国で保守点検、メンテナンスや補修等を行っております。


ページトップへ